「お前の事、ずっと好きだった。

子供の頃から…」


明らかにいつもの雄大とは違って
少し低いトーンで話すから…


目が…そらせない。

何て答えていいのか?
言葉に詰まってしまった。

「お前が諒太を好きだって
ずっと前から気づいてた。

だから、俺は…

ずっと自分の気持ちを言わなかった。

諒太なら……

諒太なら安心して
お前を任せられると思ったから。



……けど、、、」


「……っ、諒太には彼女が…」


諒太に彼女が出来て
落ち込んだ時の事を思いだす。


本当に…あの時は
地獄のような毎日だった。


「そうだな…」


彼はポツリとそう言うと
愁然として頭を垂れた。

「私……

純平のお陰で立ち直れたの。

純平がいなかったら
きっと、ずっと
メソメソしていたかもしれない。」


私の言葉に
雄大は静かに顔を上げた。


「雄大が、私を
想ってくれていたのは嬉しい。

私も、雄大の事…大好きだから。

でもね

今、私が一番に会いたいのは
純平なの。

いつも頭の中に浮かぶのは
彼なの…

だから………


ごめんなさい。」


残酷な言葉をかけているのは
わかっていた。

でも、自分も…

下手に期待をしてしまうような
曖昧にされるのは 
嫌だったから…

ここは、はっきり言いたかった。

雄大の為にも…


……けど…


雄大の気持ちを思うと
涙が溢れてくる。

彼も私と同じだったのだ。

彼は一体
どんな覚悟で
私に気持ちを伝えたのだろう。

ずっとずっと
秘めていた思い。

本当は、こんなタイミングで
言うつもりじゃなかったはず。

それを思うと
苦しくてたまらない…

ギュッと拳を握り締め
目を瞑り、唇も噛み締める。

けれども、我慢しようとすればするほど
次から次へと涙が溢れてきて




もう…止まらなかった。


「俺の方こそ、ごめん…
泣かせるつもりじゃなかった。」

雄大の声が頭上から
僅かに聞こえた瞬間…



「……まゆ!」


走ってきたのか

息を切らせ
ハァハァとした純平がやってきた。

「じゅん……ぺい…」

涙でグチャグチャな顔の私を見て
驚いた顔。

「まだ泣いてたのか?
一体、何があったんだよ?」

キッと、雄大を睨み付け

「雄大さん、これ…どういう事ですか?」

「……純平、違うの…これは私が…!」

私が弁解しようにも
彼は、きかない。

きっと、さっきの電話も
雄大がからんでいると
誤解している…


「雄大さん!」


純平の声が静まり返った場所で
大きく響く。

すると

ふぅ…と、溜め息をつきながら

雄大が静かに話し始めた。